バリ島農園だより No.52 ~2022年コーヒー豆の出荷!~

2022年ニュークロップいよいよ日本へ向けて出荷!

以前にもお伝えしましたが、バリ島のコーヒー収穫期は5~8月。

その後パーチメント(コーヒー豆の周りにある殻)の状態でしばらく保管され、出荷前の10月頃に脱穀をし、ソーティングが行われます。

コーヒー豆の最終工程についての記事はこちら⇩

バリ島農園だより Vol.11 ~コーヒー豆の出荷です!~

今年は未だかつてないほどのコーヒーチェリーの不作で、完熟チェリーの確保に苦労をしましたが、なんとか出荷までたどり着きました✨

インドネシア中で不作でしたので、2022年のクロップは希少なものとなりました!

手塩にかけたコーヒー豆を送り出す農家さんの笑顔も最高😊

インドネシアを出発してから日本までは約一か月。

日本での販売が始まるのは年をまたいでからとなります。

皆様希少な2022年のコーヒー豆をどうぞお楽しみに!

 

コーヒーの木、接ぎ木の準備

さて、シーズンオフの農園では、来年のシーズンに向けて接ぎ木の準備が始まりました。

古くなり、実のつきが悪くなってきたコーヒーの木を大胆に切ります。

のこぎりが小さく、こんなので切れるの?と思いますが、それほどコーヒーの木は固くも太くもないので、思いのほか簡単に切り落とせます。

そしてこれから、この幹に元気な枝を接ぎ木するのです。

 

農園に遊びに来ていた皆さんも、全員でチャレンジ!

シーズンオフの農園では、このように上に伸びすぎた枝を剪定したり、草刈りをしたり、時々手入れをしながらコーヒーの実の成長を見守ります。

すでにコーヒーの木にはたくさんの緑のチェリーがつき始めていました!

来年、天候に恵まれて、豊作となることを祈ります。

農家の皆、現地スタッフのみんな、今年もお疲れさまでした!

無事に日本へ届きますように。