バリ島農園だよりVol.7 ~バリ島伝統料理~

 先日少しだけバリ島の伝統料理についてお話しましたが、今回はもう少し詳しくバリ料理について書いてみようと思います。

バリ島の基本的な調味料

バリ料理の要となる調味料がふたつ、それはブンブ・バリとサンバルです。

ブンブバリというのは味付けのベースとして使われるスパイスミックスで、サンバルというのは食べるときに好みで足す辛いたれです。

日本料理でいうと、出汁と醤油のようなものでしょうか。

ブンブ・バリ

ブンブ・バリはターメリックやジンジャー、ガーリック、唐辛子、などなどたくさんのハーブやスパイス、主にフレッシュなものをすりつぶして作る、ペースト状のものです。

このペーストをありとあらゆる料理に使うので、バリ料理の味、といえばブンブ・バリの味と言っても過言ではないです。

元々写真のように石うすですりつぶすのですが、最近の奥様達にはフードプロセッサーが人気なんだとか。

 

サンバル

サンバル自体はインドネシア各地にさまざまなタイプのものがあります。

一番ポピュラーなのがトマトを使ったチリソースのようなタイプのものかと思います。

バリ島で有名なサンバルと言えば、加熱しないサンバル・マタ。

サルサソースに近いイメージですね。

紫色のエシャロットやレモングラスをふんだんに使って、ココナッツオイルの香りとバリ島のスダチのようなリモの香りがさわやかで、とっても美味しいです。 

肉料理にも、魚料理にもぴったりで観光客にもファンが多いのがサンバル・マタ。癖になる味です。

 

こちらがもっとも一般的なトマトのサンバル。

サンバルの辛さは作り手によって、もしくはそのトウガラシの辛さによっていろいろです。痛いほど辛いものも時々あるので、食べるときは要注意!

 

代表的なバリ料理

↑サテ・リリット、バリ島のつくね。これにもブンブ・バリが使われています。

 

↑こちらはクデワタン村で有名なナシアヤム。もちろんブンブ・バリがたっぷり!

 

↑儀式のときに家庭で鶏を締めて作られるアヤムクアー、ブンブバリのスープです。

↑鶏の丸焼きアヤム・パンガン。ブンブ・バリを詰め、塗りながら焼き、サンバルマタをつけて食べます。

 

観光客向けのレストランでは辛さをかなり控えているところが多いので、逆に辛い物が大好き!という方は地元の皆さんが行っているワルン(食堂)に行くのをおすすめします。

バリ島のローカル向けの屋台やワルンの食事の値段は日本円にして100~200円ほどと、とても安く、どこのお店もテイクアウトできるので、お惣菜感覚で数件を周って買い、ホテルなどに持ち帰って食べるのも楽しいです♪