バリ島農園だより No.21 ~豆腐料理の専門店~

食レポ記事が続きます!

ここ最近のバリ島は嵐のような大雨が多く、なかなかお出かけもしにくいんですが、隙を見てブドゥグルという高原の避暑地へ行ってきました。

雨季ですから雨が降るのは当然なんですが、今年はなぜか暴風雨が多いです。台風が来ることがほとんどなく、風の対策をあまりしていないバリ島ですので風と雨が一度にやってくると、家の中に雨が吹き込んできたり、屋根が飛んだりと結構大変です💦 

さて、街からブドゥグルに向かって登っていくと左側にTahu(豆腐)という看板が見えてきます。

インドネシアは中国系食文化の影響を強く受けていて、豆腐料理もたくさんあります。バリ島にある豆腐料理はスパイシーなものが多いですが、こちらのお店では中華風のものも含め様々な豆腐料理が食べられます。

残念ながら日本風のものはありませんが、通常は鶏肉などを作ってつくるインドネシア料理や中華風の料理をを豆腐に置き換えたものがたくさんあり、ヘルシーでとっても美味しいです!

↑こちらは白きくらげと湯葉のスープ。

↑揚げた点心、中身は豆腐です。

↑蒸し豆腐という名前のこちらは、卵豆腐のような味わい。

そうそう、涼しい高原地帯で採れるお野菜はとっても美味しいので、こちらのお店でも新鮮な野菜を使った料理はおすすめです◎

特に白菜などの葉物野菜が、他の暑い地域のものに比べて格段に味が濃くておいしい。  

お店の名前はCafe Tahu黄色い看板が目印で、ブドゥグルへ向かうルートの通り沿いにあり、わかりやすいです。

芝生の広場に子供たちの遊具もあり、家族連れでもゆっくり過ごせるお店。お値段もローカル価格でお手頃です。

↑ブドゥグルエリアには湖がいくつかあり、週末はどこも地元の観光客でにぎわっています。

この周辺で有名な観光地に、湖にあるお寺ウルン・ダヌ・ブラタン寺院があります。

 

◆短い滞在期間の観光で来るとほとんどこのエリアに足を運ぶことはないかと思いますが、南部の暑い地域とはまた違った空気があり、気温も時には肌寒いくらいに涼しく過ごしやすいので、暑さに疲れたらぜひ立ち寄ってみてください。