Girls and Burrito #02

ブリトー。
メキシコ発祥の料理みたいだ。

私は、2014年の冬に親戚に会うという口述でサンフランシスコに飛んだ。

その旅中、彼女のボーイフレンドのニックは私にブリトーの食べさせてかったのか、
やたらと「メキシコ料理に行こう」と誘ってきた。
残念ながら、旅中食べる事にウエイトを置く私は頑なに「微妙だよ」という顔色を見せ、
メキシコ料理から距離をとっていた。

サンフランシスコの滞在が数日たった頃だろう。
街の名前は忘れたが、とんでもなく雰囲気のよい街に遊びに行った。
その夜のディナーでついにメキシコ料理屋に足を踏み入れたのだ。

残念ながら店の名前も覚えていない。

その日のディナーには、ニックの高校時代からの友人二人が合流。
一人はメキシコ人のサンフランシスコジャイアンツの球団職員。
一人は、サンフランシスコのセレブ息子。

学生時代にスペイン語をかじったのがよかった。
「オーラ」無意識に口からでてきた。

そして、初めて食べたブリトーは私の心を打ち砕いた。

その夜のことは、話すまでもない。
気分はメキシカン。
アミーゴセニョリータ!

ブリトーとは、トルティーヤに様々な具材をのっけたただ巻いただけの料理。
そう、タコスに似た食感と味。ほぼタコス。長いタコス。

ブリトーのお供はコロナビール。
ビールが苦手な人はスープでもよい。

帰国の際、乗り継ぎ待ちの時間潰しにブリトーを食べたのはここだけの話にしてください。
いや、その後3本ほど食べたような気がする。

サンフランシスコのビーチ近くの街は本当に雰囲気がよく、
パタゴニアのフリースとレギンスだけの女の子が輝く街。
女子力という言葉がバカバカしくてクソッたれなマーケティング用語だと気付かずにはいられない。

キュートなガールとブリトー。

ぜひ、セットで覚えて欲しい。

みなさんもサンフランシスコを訪れた際には軽食にブリトーをどうぞ。
「タコスやん」って感じたらそれは街に圧倒されているのかもね。

Have a nice trip!!

#サンフランシスコでアテンドしてくれたニック、帰国後私を追っかけるかの如く日本まで遊びにきました。そして現在日本にて留学生活を満喫中です。

2015.10.24現在
iPhoneのosを最新版にアップロードすると、なんとブリトーの絵文字が確認できました。
みんなの心にブリトーを。

—–

#Hello City
hello-city.info

-Hello City-