はじめてのワークショップ

はじめてのワークショップ

カマタ商店にて陶器作家「陶音」がプロデュースする陶器ブローチのワークショップに参加してきました!

陶音のブローチはいくつか持っていて、プレゼントで頂いたのが最初の出会いです。
可愛いの、かっこいいの、何かようわからんのんなどズキュンな物ばかりです。
image

まず当日までに型紙のデザインをします。
仕事なんかしてる場合じゃありません!
一緒に参加するSさんとともに
あーでもない、こーでもないと言いながら
お花や鳥、パンなど30種類くらい考えました。
そして最終的に「ダサくて野暮ったい服」をデザインテーマに、シャツとベストとスカートの形に決めました。
完成品を付けてる私を妄想して…うへへ。
image

ー当日ー。
はやる気持ちを抑えて
カマタ商店へ。

先生より簡単な説明を受けます。
もうワクワクが止まらない。

まずは厚紙にデザインを書いて輪郭を切り取り型紙を作ります
image

それから、粘土プレートの上に型紙をのせて、針状の道具で輪郭を切り取っていきます。
image

形ができあがったら、つぎは好きな模様をつける作業です。
竹串でスジを入れてそのスジを湿らせたスポンジで拭う。という作業を繰り返し、ヒタスラ綺麗にするということにのめり込んだ結果、、、何か地味でツルツルなんできた…
image

ちょっと休憩がてら周りの方の作品を見てみたら、
可愛い模様ついてるし、形も複雑でステキ!どれもオシャレ!
自分、地味すぎました…
しょーもないの作ってしもうたかも知れません。
となりの芝生は青いってやつですかね。
下はSさんの作品。
image

余談ですが休憩中に飲んだ喫茶カマタの「ホットハニージンジャー」
ちょーうっま〜です。

ブローチの形が完成したので、次は釉薬の色選びです。
「ダサくて野暮ったい服」というよくわからないテーマを先生に伝え、一緒に色を選んでもらいました。
結構迷いましたが釉薬も無事選び、後の工程は陶音さんにおまかせです。
釉薬を塗り、窯で焼いてもらいます。約2ヶ月後に出来上がるそうです。楽しみです。

それと一人店番中の旦那へのプレゼント用によだもちキャラクターの“福助くん”ブローチも作製しました。
また完成したら載せたいと思います。

-よだ家-